3次元地形モデルの読み込み
LandXML、DMデータ、標高メッシュデータなどの3次元地形モデルを読み込めます。
製品情報の特長img1

3次元地形モデルを読み込みサーフェスを生成することで、APS-MarkⅣ Win/APS-RL Winの縦横断現況取得や3DViewer機能などで利用できます。
読み込み可能な3次元地形モデル
 ・ LandXML(3Dサーフェス)
 ・ JPGIS(国土地理院 基盤地図情報 数値標高モデル)
 ・ 拡張DM、SIMA(測量成果)
 ・ シェープファイル(GIS/地理情報)
 ・ DXF、SXF(CADデータ)
 ・ CSVファイルテキスト(点群データ)

航空写真のマッピング
3次元地形モデル上に航空写真をマッピングできます。
製品情報の特長img2

航空写真、衛星写真等のラスター画像を3次元地形モデル上にマッピングすることで、APS-MarkⅣ Win/APS-RL Winの線形計画時、3DViewerや走行シミュレータで表示できます。
マッピング可能なラスター画像
 ・ TIFF
 ・ JPEG
 ・ BMP
 ・ PNG

3次元地形サーフェスの作成
等高線、標高点、3次元図形から3次元地形サーフェスを生成できます。
製品情報の特長img3

2次元の平面現況図に標高設定し、3次化することで、APS-MarkⅣ Win/APS-RL Winで利用できる3次元地形サーフェスを生成できます。
標高設定は専用コマンドにより効率的に作業できます。

動作環境
OS Microsoft Windows Vista (SP2以降)
Microsoft Windows 7 (SP1以降)
Microsoft Windows 8.1 (Windows RT を除く)
Microsoft Windows 10 (Mobile を除く)
コンピュータ本体 Intel Pentium/ Celeron/ Core シリーズ及び100%互換のCPU を搭載し、
上記OS のいずれかが動作するIBM PC/AT 互換のコンピュータ
メモリ OS の制限に準拠
ディスプレイ OS の制限に準拠
プリンタ OS に対応したプリンタ
Excel連動機能 Microsoft Excel 2007-2016
全ての動作環境はご利用になられるOperating Systemの制限を優先します。
Windows®の正式名称は、Microsoft® Windows® Operating System です。また、Microsoft、Windows、Windows Vista、および、Excel は、米国Microsoft Corporation. の米国およびその他の国における登録商標です。
Windows® 10、Windows® 8.1、Windows® 8、Windows® 7、Windows Vista® は、米国Microsoft Corporation.の商品名称です。
Intel、Pentium、Celeron、Core はアメリカ合衆国およびその他の国におけるIntel Corporation またはその子会社の商標または登録商標です。
製品価格表
現況高さ編集ソフト「APS-ZE Win」250,000円(税別)
有償サポート価格表
1ライセンス目2ライセンス目3ライセンス目
25,000円(税別)12,500円(税別)6,250円(税別)
top