複数の交通処理方法に対応
信号交差点、無信号交差点(一時停止制御)、ラウンドアバウト(環状交差点)の解析が可能です。
製品情報の特長img1

通常の信号交差点だけでなく、無信号交差点(一時停止制御)、ラウンドアバウト(環状交差点)など、複数の交通処理方法に対応しています。信号交差点では隣接交差点や時差式にも対応しており、一時停止制御では、①非優先交通の交通容量(HCM2000)、②信号機のない交差点の交通容量(西ドイツ)より計算方法を選択可能です。

需要率、交通容量比、滞留長の算出
参考文献に準拠した需要率、交通容量比、滞留長の算出が可能です。
製品情報の特長img2

本システムのVer 8.0以降の基本計算は、交通工学研究会発行の「改訂平面交差の計画と設計-基礎編-」、「平面交差の計画と設計-応用編-2007」および「改訂交通信号の手引」に準拠しており交通工学研究会の監修を受けています。

計算書・図面・協議用資料の充実
各種成果をMicrosoft Excel、Word、および、CADファイルに出力できます。
製品情報の特長img3

各種計算書、図面をMicrosoft Excel、Word、および、CADファイルに出力できます。本システムの出力を交差点協議や成果品の一部として活用いただけます。

製品情報の特長写真ph
比較表
対策前後の交差点形状、サイクルなど複数案を比較表として作成できます。
製品情報の特長写真ph
渋滞長計算
渋滞長(捌け残り)が発生する交差点では、需要交通量(実測値+渋滞長からの算定値)や需要ピークを考慮した交差点解析も可能です。
製品情報の特長写真ph
フレーター法算定
方向別交通量がない場合、断面交通量から現況の断面・OD比率に応じた方向別交通量の算定を行います。
動作環境
OS Microsoft Windows Vista (SP2以降)
Microsoft Windows 7 (SP1以降)
Microsoft Windows 8.1 (Windows RT を除く)
Microsoft Windows 10 (Mobile を除く)
コンピュータ本体 Intel Pentium/ Celeron/ Core シリーズ及び100%互換のCPU を搭載し、
上記OS のいずれかが動作するIBM PC/AT 互換のコンピュータ
メモリ OS の制限に準拠
ディスプレイ OS の制限に準拠
プリンタ OS に対応したプリンタ
Excel連動機能 Microsoft Excel 2007-2016
全ての動作環境はご利用になられるOperating Systemの制限を優先します。
Windows®の正式名称は、Microsoft® Windows® Operating System です。また、Microsoft、Windows、Windows Vista、および、Excel は、米国Microsoft Corporation. の米国およびその他の国における登録商標です。
Windows® 10、Windows® 8.1、Windows® 8、Windows® 7、Windows Vista® は、米国Microsoft Corporation.の商品名称です。
Intel、Pentium、Celeron、Core はアメリカ合衆国およびその他の国におけるIntel Corporation またはその子会社の商標または登録商標です。
製品価格表
信号時間検討システム「APS-λ Win」400,000円(税別)
有償サポート価格表
1ライセンス目2ライセンス目3ライセンス目
40,000円(税別)20,000円(税別)10,000円(税別)
top