株式会社エムティシー
FAQ TOPへ
セミトレーラのバック走行(APS-K Win Ver.6.0以降)
車両走行軌跡作図システム(APS-K Win Ver.6.0)で追加された、セミトレーラによるバック走行機能について説明します。
1. トレーラをバックしたい方向に向けるため、逆方向にバックします。
すぐにバックしたい方向にバックすると、トレーラがバックしたい方向と逆に向いてしまいます。

説明図

2. バックしたい方向に旋回してトレーラをトラクタで押していきます。

説明図

3. 「1.」で設定したトレーラの折れ角と、「2.」で設定した旋回半径によって、トレーラが旋回の内側から外側に向かって折れる場合と、トレーラが旋回の内側に折れ続ける場合があります。折れ方向を調節する場合には「1.」「2.」の旋回半径・旋回距離等を調整してください。

説明図
サンプルデータ
下図のような走行を行います。走行イメージをつかむのにご利用ください。
説明図
[車両]: 「セミトレーラ」の初期値を使用
[走行方法]: 切り返し走行
[初期設定]:
コーナー数: 7
コーナー半径入力方法: 外側前輪
開始距離: 0.000m
終了距離: 0.000m
開始座標(x, y): (-20.000, 0.000)
開始方向角: 0-00-00.000
演算刻み距離: 1.000m
描画間隔: 2
[旋回設定]:
No. 進行方向 旋回半径 旋回方法 位置指定方法 旋回角度 旋回距離
1 前進 12.000 直進 旋回距離 54.002
2 後退 16.000 左旋回 旋回距離 8.010
3 後退 11.200 右旋回 旋回距離 23.183
4 後退 10.364 直進 旋回距離 10.000
5 前進 12.000 直進 旋回距離 11.500
6 前進 12.000 右旋回 旋回距離 19.000
7 前進 12.000 直進 旋回距離 25.000
[軌跡図]: 説明図
TOPへ
Copyright (C) 2004 MTC Corporation. All rights reserved.