株式会社エムティシー
サイト検索   
TOP 新着情報 製品情報 サポート 受託業務 ダウンロード 会社案内 求人情報
製品情報
製品一覧
製品価格表
有償サポート価格表
バージョン情報
CALS関連


製品一覧
線形システム APS-RL WIN
印刷はこちら

* 本システムは、道路及び鉄道の線形計画を支援するためのシステムです。
* 線形データ等の入力データは道路・鉄道線形計画システム「APS-MarkW Win」と完全互換で、交差点設計図化システム「APS-C Win」道路横断図システム「APS-ODAN」等の製品で利用できます。縦断図、横断図、交差点図等の作成に利用できます。
* 各種オプションにより、機能を拡張できます。
* 線形データの座標等をマウス操作で編集し、線形検討ができます。
* 3次元現況図から縦断現況/横断現況情報を取得し、縦断線形/法面の検討ができます。
* 平面線形・縦断線形の変更に連動し、横断面、縦断現況/横断現況、法面、登録座標/旗上げ情報を自動更新します。
図
* 平面現況図上でエレメント固定法・IP法を使用した平面線形の検討ができます。
図面上で通過点の指定(エレメント固定法)やIP座標の編集(IP法)が可能です。
図
* 縦断CP(コントロールポイント)を指示しながらの縦断線形検討が可能です。また、横断面・横断現況情報を組み合わせて道路端部等の高低差の確認ができます。
図
* 3次元現況図から横断現況を取得し、法面を設定できます。設定した法面は平面展開が可能です。
図
* 検証ツールを使用し、任意位置での横断面の確認や各種座標計算ができます。
図
* 検討中の線形データを3Dモデルとして表示できます。
3D地形データの作成、および航空写真の貼り付けは現況高さ編集ソフト「APS-ZEWin」が必要です。
図
* 入力した線形データを使用した成果出力が可能です。
図
機能概要
分類 機能 説明
平面線形検討 ●エレメント固定法 エレメントの固定座標をマウス操作によって編集できます。平面線形検討では、以下の固定モードが使用できます。
●3点固定(Rの自動計算による円の固定)
●n点近似(n点の座標の近似計算による、直線または円の固定)
●IP法 IP座標をマウス操作によって編集できます。
●IP移動(接線方向/平行/任意移動)
●n点近似によるIP接線角の修正
主要点座標計算 ●座標読取法
●片押し法
座標読取法、片押し法での主要点座標計算が可能です。道路(山岳部、都市部、高規格道路)、鉄道、新交通に対応した平面線形が入力できます。
成果出力 ●主要点成果出力
●平面中間点出力
●縦断中間点出力
●横断成果出力
●横断詳細成果出力
線形計画で必要な成果出力(主要点座標リスト、入力データリスト、IPの角度・距離計算書、IP成果)、および主要点以外の中間点の座標情報等を出力できます。
縦断線形検討 縦断現況図、縦断CP(コントロールポイント)を使用した縦断線形検討が可能です。
複数の縦断線形を検討できます。
測点/交点高/勾配を押さえた縦断線形検討が可能です。
登坂車線を検討できます。
横断面・法面設定 横断現況図から法面を設定し、法面展開が可能です。
線形の3D表示 線形データを3Dモデルとして表示できます。また、航空写真を貼り付けた3D地形データも3Dモデルとして表示できます。
3D地形データの作成、および航空写真の貼り付けは現況高さ編集ソフト「APS-ZEWin」が必要です。
検証ツール 座標・離れ作成 座標・離れ情報(任意座標/交点/垂線・接線/離れ座標/中間点/n分割点等)を登録し、線形検討時に利用することができます。
任意線形要素作成 任意線形要素(直線/円/緩和曲線(クロソイド・3次放物線・Sine曲線)/垂線・接線/折れ線/平行線/BOX(矩形))を登録し、線形検討時に利用することができます。
旗上げ作成 登録した座標・離れ・任意線形要素の旗上げ表示が可能です。
横断面確認 「任意座標と任意方向角」または「CP(コントロールポイント)からの垂線と任意方向角」による断面線を登録し、横断面を確認できます。
複数線形の横断面やCP(コントロールポイント)と中心線の離れを表示できます。
パラメトリック計算 編集画面の線形データ/CP(コントロールポイント)データを選択し、各種計算(離れ計算/分割計算/CP離れ計算)が可能です。計算結果は座標情報として登録できます。
CP編集 CP(コントロールポイント)データを図面上で編集できます。
計算データ連動機能 平面線形・縦断線形の変更に連動し、横断面、縦断現況/横断現況、法面、登録座標/旗上げ情報を自動更新します。
座標の取得 マウスのクリック操作で取得する座標値を補正できます(端点/交点/CP(コントロールポイント)/登録座標/円心)。
LandXML入出力 国土交通省「LandXML1.2に準じた3次元設計データ交換標準(案)」に則り、3次元設計データの入出力を行えます。
オプションソフト 追加オプションで機能を拡張できます。
主要点計算「OP-RL01」
各種座標計算「OP-RL02」
各種応用計算「OP-RL03」
線形図「OP-RL04」
走行シミュレータ「OP-ROAD」
ICモデラー「OP-ROAD/IC」
ランプ検討システム「OP-RAMP」
ランプ縦断検討システム「OP-RAMPH」
縦断図システム「OP-PROF」
横断面計算システム「OP-SECT」
橋梁上部工システム「OP-BRIDGE」
橋梁下部工システム「OP-PIER」
ボックス・パイプ検討システム「OP-BOXP」
土量システム「OP-BOS」
線形座標計算ソフト「OP-ε」

動作環境
OS Microsoft Windows Vista (SP2以降)
Microsoft Windows 7 (Starter を除く、SP1以降)
Microsoft Windows 8.1 (Windows RT を除く)
Microsoft Windows 10 (Mobile を除く)
コンピュータ本体 Intel Pentium/ Celeron/ Core シリーズ及び100%互換のCPU を搭載し、
上記OS のいずれかが動作するIBM PC/AT 互換のコンピュータ
メモリ OS の制限に準拠
ディスプレイ OS の制限に準拠
プリンタ OS に対応したプリンタ
Excel連動機能 Microsoft Excel 2007-2016
Word連動機能 Microsoft Word 2007-2016
全ての動作環境はご利用になられるOperating Systemの制限を優先します。
Windowsの正式名称は、Microsoft Windows Operating System です。また、Microsoft、Windows、Windows Vista、Windows 7、Windows 8、Windows 8.1、Windows RT、Excel、Word は、米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における商品名称です。
Intel、Pentium、Celeron、Core はアメリカ合衆国およびその他の国におけるIntel Corporation またはその子会社の商標または登録商標です。

 

この製品のパンフレットは、こちらをご覧下さい。



  APS-Mark_W WinとAPS-RL Winのシステム構成のパンフレットは、こちらをご覧下さい。




TOPへ
Copyright (C) 2004 MTC Corporation. All rights reserved.